ホームページ等による技術情報の提供
  ● メールマガジン・ホームページによる競争的資金の公募情報、セミナー等の開催情報

  ● 産学連携を促進するための情報誌「BIO九州」の発行


  トピックス
   みどりの食料システム戦略のホームページ

     農林水産省は、「みどりの食料システム戦略~食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現~」を策定しまし
    た。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     https://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/midori/index.html#sakutei


  農業支援サービス関係情報について
 
     農林水産省は、農業支援サービス事業者情報や農業支援サービス提供事業者が提供する情報の表示の共通化に関するガイドライン等の
    農業支援サービス関係情報を公表しています。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/service.html


  スマート農業のための無線システム活用ハンドブックの公表について
 
     北海道総合通信局(局長 豊嶋 基暢)は、「スマート農業のための無線システム活用ハンドブック」を公表しています。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     スマート農業のための無線システム活用ハンドブック:
     https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/R/wbbproject.html


  ドローンの全機体登録制について
 
     ドローンの全機体登録制が今年の6月から始まります。
     2020年の改正航空法に基づき、登録していない無人航空機の飛行は禁止されます。2022年6月20日以降、無人航空機を識別するための
    登録記号を表示し、リモートID機能を備えなければなりません。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     https://www.mlit.go.jp/koku/drone/
     https://www.mlit.go.jp/koku/content/001427317.pdf

 

 お知らせ

  AIを身近で活用するスマート農業セミナー(開催予告)
 
     AIを身近で活用するスマート農業セミナー」を開催します。皆様方への開催案内は6月7日を予定しています。
     1.日 時 令和4年7月26日(火)13:00~16:30
     2.場 所 熊本市国際交流会館ホール(6・7F)
     3.内 容
     (1)農業におけるAIの利用事例の紹介    (2)調査板のイネウンカ類を自動計数するAIの開発
     (3)Withコロナ対応型地域内新流通の構築とカンキツの計画出荷によるスマートフードチェーンの実証
     (4)スマート農業とセキュリティ
    ※ 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、Zoomによるオンライン開催に変更する場合もあります。


  令和4年度(第23回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」における候補者の募集開始
 
     農林水産省は、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会と共同で、令和4年度(第23回)「民間部門農林水産研究開発功績者表彰」の
   候補者(民間企業等において研究開発に従事している個人又は団体及び農林水産業を営んでいる個人又は団体)の募集を4月13日から開始しま
   した。
     応募期限:6月30日(木)
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/220413_9.html


  令和4年度(第18回)「若手農林水産研究者表彰」における候補者の募集開始
 
     農林水産省は、令和4年度(第18回)「若手農林水産研究者表彰」の候補者(原則として令和4年4月1日時点において、40歳未満の農林水産業
   及び関連産業に関する研究開発の業務に従事する個人)の募集を4月13日から開始しました。
     応募期限:6月30日(木)
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/220413.html


  スマート農業実証プロジェクト(スマート農業産地形成実証)の採択について
 
     農研機構は、公募期間中(令和4年1月4日~2月7日)に応募があった25地区について、外部の有識者等による厳正な審査を踏まえ、農林水産省
   が設置した運営委員会において21地区の採択地区を決定しました。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     https://www.naro.go.jp/publicity_report/press/laboratory/naro/152061.html


  令和3年度補正予算「戦略的スマート農業技術等の開発・改良」新規採択課題の決定について
 
     生研支援センターは、令和4年1月13日(木)から2月14日(月)までを募集期間とし、応募がありました59課題について、外部有識者等で構成され
    る委員会で審査を行った結果、23課題を新規採択することに決定しました。
     なお、本事業のうち「スマート農業技術の開発・改良」については、第2回の公募を行う予定です。詳細は決まり次第、生研支援センターのウェ
    ブサイトに掲載する予定です。
     詳細については、以下のURLをご覧下さい。
     https://www.naro.go.jp/laboratory/brain/press/152360.html


  新型コロナウイルス感染症対策について
      https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

  新型コロナウイルス感染症に係る対策についての情報提供

     公益財団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)では、農林水産省から情報提供を受けた新型コロナウイルス感染症対策に関
    する情報を以下のホームページに随時掲載しています。
      https://www.jataff.or.jp/news/corona/index.html#20210302






TOP
公募情報
コーディネーター活動
今後のイベント
主な活動
情報誌BIO九州
組織体制
お問合せ・入会
リンク集
 コーディネーター活動
 ● 技術開発ニーズの収集  ● 技術開発に関心を持つ関係者間の連携支援

 ● 共同研究へ参画する機関の紹介   ● 研究計画の作成支援

 ● 事業化・商品化に向けた支援    ● 研究資金等の取得支援

 ● 知的財産マネジメントへの支援 ● 産学連携に関する支援制度等の紹介

 ● 産学連携のための体制の強化
   コーディネーター活動の詳細は、ここを、公募情報はここをクリックして下さい。
             (更新日 R4.5.26
)
 この会は、農林水産業、食品産業等に関するバイオテクノロジー等の先端技術の振興を図り、九州地域におけるバイオテクノロジー等の研究開発の推進と農林水産業、食品産業等の発展に資することを目的としています。



  セミナー等によるシーズ・ニーズの「マッチングの場」の醸成
  ● セミナー、採択課題発表会、研究資金・支援制度説明会等の開催

  ● 活動PRのための行事等への参加

  今後のセミナー等の開催情報はここを、これまでの概要はここをクリックし
 て下さい。
事務局(お問い合せ・入会のお申込先)
九州バイオリサーチネット事務局   事務局長 宮本 茂一

〒860-0855 熊本市中央区北千反畑町1-7 MSⅡビル403号
電話&fax 096-346-2040  Email k-baiteku@alpha.ocn.ne.jp